タグ別アーカイブ: 山崎敏正

頭の中の言葉、解読に成功

 福岡県飯塚市にある九州工業大学情報工学部の山崎敏正教授(58)の研究グループが、頭で思い浮かべた言葉の一部を脳波の変化から解読することに成功したそうです。

 研究グループは、グー、チョキ、パーなど選択肢を絞った条件の下、それぞれの言葉が発声時と無発声時で脳波がほぼ同じ波形を示す事を突き止め、五十音の一部でも識別に成功したと言うことです。

 もし、全ての音の波形を分析できれば、単語や文章の解読も可能になるでしょう。そしてその先には、考えただけで機械や電化製品を操作したり、障害で言葉を話せない人との意思疎通。そして、声を出さなくても会話が出来るなど、SFの世界が一気に実現する可能性があります。

 障害者とか、咽頭癌で声帯を失った人とか、この技術が実用化されれば考えた事をそのまま言葉として発することが出来るようになるでしょうが、逆に考えていることが全部言葉になったら、隠し事が出来なくなって困るような気もします。