タグ別アーカイブ: ボリス・ベレゾフスキー

ロシア政商、亡命先の英国で死亡

 ロシアのプーチン大統領と激しく対立し、イギリスに亡命していたロシアの政商ボリス・ベレゾフスキー氏(67)が23日、ロンドン郊外の自宅浴室で死亡したそうです。

 現地メディアによると、地元の警察は化学・生物・放射性物質による汚染に対処する専門官も加わえて捜査を行っているそうですが、今の所危険物は見つかっていないようです。また、同氏の弁護士は23日のテレビ番組で、同氏は自殺か心筋梗塞により死亡したとの見方を示しています。

 ベレゾフスキー氏は旧ソ連崩壊後に自動車販売で財をなし、エネルギーやメディア企業を買収して巨大化、新興財閥の代表的な人物でした。エリツィン政権で安全保障会議副書記や独立国家共同体(CIS)事務局長を歴任。後にロシア下院にも議席を得て、有力政商にのし上がりましたが、プーチン大統領(第1期)時代に失脚、イギリスへ亡命していました。

 イギリスでは同じくプーチン政権と対立して亡命していた、元KGBのアレクサンドル・リトビネンコ中佐が2006年に放射性物質のボロニウムを使って暗殺される事件が発生しています。
 イギリス警察当局は、主犯とされる旧ソ連国家保安委員会(KGB) の元職員アンドレイ・ルゴボイを殺人罪で告発し、ロシア政府に対し身柄引き渡しを求めましたが、ロシア政府は拒否していました。