作成者別アーカイブ: dreamgiras

カシオ、デジタルカメラから撤退

 カシオ計算機の9日発表によると、市場の縮小から採算が悪化していたコンパクトデジタルカメラ事業から撤退するそうです。

 携帯電話にカメラ機能が搭載されるようになってから、コンパクトデジカメの市場は徐々に縮小していきました。当初、携帯電話のカメラは性能が悪く、コンパクトデジカメが優位性を保っていましたが、携帯電話のカメラ性能が次第に向上、携帯電話の普及率自体も上がって優位性を失っていきました。

 最近はインスタ映え、なんて言葉が流行って、ネットで見栄えの良い公開するための写真を撮るためにデジタルカメラが見直されているそうですが、それも一眼レフの高級機種で、コンパクトデジカメは蚊帳の外。

 カシオのデジタルカメラ事業は2018年3月期に49億円の赤字を計上しています。

 カメラ大手のキャノンも、一眼レフカメラは好調ですが、コンパクトデジタルカメラが足を引っ張って全体の売り上げが落ちていますし、オリンパスも中国でのデジタルカメラ生産を停止。ニコンも中国の生産子会社を精算しています。

 カシオは一眼レフのデジタルカメラを扱っていないので、コンパクトデジタルカメラをやめると言う事は、デジタルカメラ事業から撤退すると言う事です。

MLB機構が調査開始

 メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスと契約が決まった北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手について、肘の故障などの情報漏洩をMLBが調査を開始する事になったそうです。

 アメリカの複数のメディアが大谷選手について。「右肘内側側副靱帯損傷」と、その治療のためにPRP注射と呼ばれる再生医療を受けたことを相次いで報道。ヤフースポーツ(アメリカ)は将来的に手術に繋がる可能性に触れ、エンゼルスのエプラーGMが否定するコメントを出す事態になっていました。

 PRP注射は、患者の体から採取した血小板を患部に注射して、損傷した組織の修復と再生を行うものです。確か、ヤンキースの田中将大も同じ治療を受けていたはずですが、プロ入りわずか5年、23歳の若さでとは、やはり160km/h超えの速球は肩や肘への負担が大きいのか?。

 こうした選手の健康面や医療に関する情報は機密情報であり、外部に流出してはならないものです。これが何故、どのようにして外部へ流出したのか、MLB側が問題視したのです。今の所特にコメントは出ていませんが、選手会側も何らかの反応を見せて良さそうな気もします。

人権問題対応でスーチー政権を批判

 人権問題の調査でミャンマーを訪れていた国連特別報告者の李亮喜(イヤンヒ)氏は21日、同国の人権問題について「これまでの(軍事)政権と変わっていない」と批判しました。

 ミャンマーでは昨年10月、イスラム系少数民族ロヒンギャの武装勢力が、ラカイン州にある国境検問所の警官9人を殺害する事件が発生。国軍が同地域で展開する軍事作戦で、ロヒンギャに対する虐殺や拷問が行われているとして、国連人権理事会が調査団を派遣していました。隣国のバングラディッシュには、迫害を逃れた7万人以上のロヒンギャが逃げ込んでいます。

 民族浄化が起きている、と言う指摘もあります。アウン・サン・スー・チーが事実上の最高権力者となっているミャンマー政府は国連の調査団派遣について、「問題を解決するどころか、あおるばかりだ」と反発し、国連の別の調査団についてビザの発給を拒否するなど抵抗。入国した調査団に対して調査地域を厳しく制限、調査活動を常に監視するなどしていたということです。

 ミャンマーは長く続いた軍事政権から、ノーベル平和賞受賞者のアウン・サン・スー・チー率いる文民政府へと移行しましたが、民族問題は簡単では無いと言うことでしょう。