清華大学、初のアジア首位

 イギリスの教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションが26日に発表した「世界大学ランキング」の2019年度版で、中国の清華大学がアジアでトップに立ちました。

 清華大学は昨年の30位から22位にランクアップ、中国の大学として初めてアジアのトップに立ちました。この他中国からは北京大学が31位、中国科学技術大学が93位等、トップ200に7校がランクインしています。

 一方日本はと言うと、200位以内には東京大学が昨年の46位から4位ランクアップして42位、京都大学が同じく74位から9位ランクアップして65位にランクインしたのみ。4年前のランキングでは、大阪大学、東京工業大学、東北大学がトップ200にランク入りしていましたが今回は3校とも251位以下に落ちています。

 また、東京大学は2011年度版から2015年度版までアジア首位を守っていましたが、2016年に首位の座を明け渡してから返り咲くことが出来ず、2019年度版では5位となっています。

 こう言った大学のランキングは、その評価基準に疑問を呈する声もあります。しかし、国際的には各自に評価の基準にされており、海外での就職や、また大学に優秀な学生や研究者を集めるのにも確実に影響していると言う事です。

 興味深いのは、偏差値とは必ずしも一致しない点。帝京大学が401位~500位で、601位~800位の早稲田大学や慶應義塾大学よりランクが上なのです。東京理科大学と横浜国立大学はその下、801位~1000位。上智大学やお茶の水女子大学、関西の難関私大4校(関関同立)に至っては、更に下の1001位以下です。