エベレスト史上最悪の惨事

 25日に大地震が襲ったネパールの首都カトマンズでは、26日にかけて大型の余震が相次ぎました。世界最高峰のエベレストでは地震が雪崩を引き起こし、ロイター通信によれば、登山客ら18人が死亡する「エベレスト史上、最悪の惨事」となっています。

 雪崩からかろうじて逃れた登山家は「氷の壁が襲ってきた」と、その様子を語ったそうです。

 今回ほどの大規模地震は、ネパールでは約80年ぶり。現地では26日の夜明けとともに救助隊が活動をはじめていますが、多くの地域で電気が止まり、医療品や食糧が不足しているという事です。

 ロイター通信は、最初の雪崩の際、標高約5千メートルにあるエベレスト登山のベースキャンプには、登山者や地元ガイドら約千人がいたと伝えています。雪崩は複数回発生したとみられ、ヘリコプターによる救助活動が進められているが、「キャンプ1」と「キャンプ2」と呼ばれる、より標高が高い場所に約100人が取り残されているとの情報もあります。